まねき食品株式会社

まねき食品ヒストリー

「人=man」が行き交う 「駅=eki」。明治二十一年、この駅からさまざまな想いをのせて日本初で誕生した「駅弁」が私たち「maneki」の原点です。お客様をおまねきするという創業の心を今に伝えて参ります。

初代 竹田木八
  • まねきの歴史1
  • まねきの歴史2
  • まねきの歴史3
  • まねきの歴史4

元祖 幕の内駅弁物語

明治21年、現在のJR姫路駅近くで、茶店「ひさご」を開いていた竹田木八が、山陽鉄道の開通に当たり、翌年から弁当の販売を始めました。これが我国で初めて販売された幕ノ内駅弁です。

詳細ページを見る 元祖幕の内

えきそばの起こり

まねき食品は明治21年、現在のJR姫路駅近くで、茶店「ひさご」を開いていた竹田木八が、山陽鉄道の開通に当たり駅構内での販売認可を受け、翌年から弁当の販売を始めました。

詳細ページを見る えきそばの起こり

お弁当掛け紙

まねき食品で、過去使用した御弁当の掛け紙ギャラリーです。現在展示している以外の掛け紙をコレクションされている方がございましたらご連絡下さい。

詳細ページを見る お弁当掛け紙